教育方針

遊びの中から学ぶ

星の城幼稚園は、昭和46年(1971)11月、豊明市二村台の地に開園されました。
昭和50年11月に、幼稚園の5周年記念式典が盛大に開催され、園の同窓会「星の子会」の発足式と総会も併せて行われましたが、その1ヵ月後創立者石田鍦徳先生は志半ばにして他界されました。先生は折にふれ、園児たちに「はい・ありがとう・ごめんなさい」の言葉について話されました。それは「自立の精神、感謝の心、素直な態度」と、人間として大切な教えを三つの言葉に託されたものです。

子ども達一人ひとりの個性や発達を大切に、幼児期にふさわしい生活体験、育ちに必要な経験を重ねていけるよう環境を整えています。
遊びの中から、自分で行動する意欲や態度、友達を思いやる心など、幼児の健やかな成長や発達を促し、21世紀に生きる人間の育成を目指しています。

石田先生のおしえ

幼稚園は子ども達にとって
「家庭」とは違うもう一つの
「生活空間」です。
この時期の子ども達にとって
体と心の発達に欠かせない場です。

教育目標

はい・ありがとう・ごめんなさいが言える子

ありがとう、ごめんなさいが素直に言える明るく、豊かな心を育てます。
自分なりに考え、自分の力でやってみようとする自立心を育むとともに、友達とすすんで関わりを持ち、
仲間の輪を拡げていけるように育成します。

みんなと仲良く遊べる子

友達との関わりや、遊びを通じて、コミュニケーションがとれるようになり、ルールを学びます。
集団生活の中で、協調性と自主性を発揮できるよう育成します。

よく見、聞き、試し、考え、発表できる子

物事に集中する習慣と、考える力を育てます。楽しい遊びを通して、想像力と柔軟な思考力を育てます。
「なぜだろう」と考えたり、「試してみよう」という意欲を持つことから発見の喜びがあります。

心のやさしい子

感情豊かに、美しい心を育てます。いいもの、美しいものに感動する心やいたわりの心を育てます。
また動物や植物に親しみながらおおらかで情操豊かな心を育てます。

最後までがんばる子

すぐれた気力と強い自信を持てるように、明るくのびのびと遊びながら、根気よく努力する気持ちを育てます。また基本的な運動能力や粘り強さなどの精神力をのばします。

教育方針

遊びの中から学ぶ

星の城幼稚園は、昭和46年(1971)11月、豊明市二村台の地に開園されました。昭和50年11月に、幼稚園の5周年記念式典が盛大に開催され、園の同窓会「星の子会」の発足式と総会も併せて行われましたが、その1ヵ月後創立者石田鍦徳先生は志半ばにして他界されました。先生は折にふれ、園児たちに「はい・ありがとう・ごめんなさい」の言葉について話されました。それは「自立の精神、感謝の心、素直な態度」と、人間として大切な教えを三つの言葉に託されたものです。

遊びの中から学ぶ

子ども達一人ひとりの個性や発達を大切に、幼児期にふさわしい生活体験、育ちに必要な経験を重ねていけるよう環境を整えています。遊びの中から、自分で行動する意欲や態度、友達を思いやる心など、幼児の健やかな成長や発達を促し、21世紀に生きる人間の育成を目指しています。


石田先生のおしえ

幼稚園は子ども達にとって「家庭」とは違うもう一つの「生活空間」です。この時期の子ども達にとって体と心の発達に欠かせない場です。

教育目標

はい・ありがとう・ごめんなさいが言える子

ありがとう、ごめんなさいが素直に言える明るく、豊かな心を育てます。自分なりに考え、自分の力でやってみようとする自立心を育むとともに、友達とすすんで関わりを持ち、仲間の輪を拡げていけるように育成します。

みんなと仲良く遊べる子

友達との関わりや、遊びを通じて、コミュニケーションがとれるようになり、ルールを学びます。集団生活の中で、協調性と自主性を発揮できるよう育成します。

よく見、聞き、試し、考え、発表できる子

物事に集中する習慣と、考える力を育てます。楽しい遊びを通して、想像力と柔軟な思考力を育てます。「なぜだろう」と考えたり、「試してみよう」という意欲を持つことから発見の喜びがあります。

心のやさしい子

感情豊かに、美しい心を育てます。いいもの、美しいものに感動する心やいたわりの心を育てます。また動物や植物に親しみながらおおらかで情操豊かな心を育てます。

最後までがんばる子

すぐれた気力と強い自信を持てるように、明るくのびのびと遊びながら、根気よく努力する気持ちを育てます。また基本的な運動能力や粘り強さなどの精神力をのばします。

ページの先頭へ